Top >  肺がん >  肺がんの症状と治療 肺がんの初期症状

肺がんの症状と治療 肺がんの初期症状

初期症状が気になる方へ

症状に対して、少しでも不安があるのなら、1日も早く検査をすることをおすすめします。 何事も早期発見が大切です。また今では郵送検査キットを利用することで、自宅でお手軽に検査する事ができます。

がん検査キット 人気順
1位 がん検査室 - 肺がん、胃がん、肝臓がん、消化器がん、大腸がんなどその他多くのがん検査キットがある。価格も安価で手軽に利用できる。
2位 GME医学検査研究所 - 上記のがん検査室と比べると、価格は少し高め。検査できるがんの種類も少なめ。

肺がんの初期症状

肺がんには、初期の段階で症状が出やすい、肺門型と、
初期にはほとんど自覚症状が見られない肺野型というのがあります。


肺門型の肺がんは、扁平上皮がんや小細胞がんに多くみられ早期から咳、痰、血痰などの症状が出現しやすい。


一方、腺がんに多い肺野型の肺がんは、がんが小さい肺がん初期は症状は症状が出にくい傾向があり、検診や人間ドック、高血圧などの他の病気で医療機関にかかっている時に見つかることが多くなっています。


肺がんは進行してくると、せき、血痰、胸痛、体重減少、発熱、呼吸困難、などがあらわれます。

さらに進行すると疲労感が強くなり、どんどんやせて顔色が悪くなるという症状も出てきます。


治りにくい咳や胸痛、呼吸時のぜーぜー音、息切れ、血痰、声のかれ、顔や首のむくみなどには十分注意が必要です。


その他、肩こり、肩痛、背中の上部痛、肩から上腕にかけての痛みもまれにあり、他のがんと同様に、肺がんでも、疲労感、食欲不振、体重減少があらわれることがあります。


肺がんの症状と治療

肺がんは、胃がんに次いで多いがんであり、近年激増しているがんの一つでもあります。喫煙の習慣が大きく関係していると考えられています。


年代としては、40歳代から現われ始め、60歳を超えると急速に増加します。


また、肺がん患者の男女比は3対1で、男性の方が女性よりも圧倒的に多く発病しています。


肺がんの中で、気管に近い部分にできるがんは、多くの場合セキやたんといった自覚症状によって発見されます。


一方、それより先の肺胞までの広い部分にできたがんは、初期には自覚症状がないことがほとんどで、X線撮影によって発見されることが多いという特徴があります。


肺がんは、がん細胞の形により、“非小細胞がん”と“小細胞がん”に大きく分けられ、治療法もそれぞれで異なります。


非小細胞がんの治療は一般的に手術が行なわれます。一方、悪性度の高い小細胞がんの場合は、抗がん剤と放射線を組み合わせての治療が中心となります。

肺がんの原因と予防


肺がんの発生は、喫煙の習慣が大きく関係していると考えられています。調査では、喫煙者は非喫煙者に比べ、肺がんによる死亡率が4.1倍、喉頭がんでは20.3倍にもなるという結果が出ています。


しかも、たばこを吸っている本人だけではなく、副流煙(タバコの先から出る煙)を吸った人も、肺がんになる危険性が高くなります。


このように見るなら、肺がん予防は禁煙が第一ということになるでしょう。喫煙は百害あって一利なしなので、喫煙への過程は多々あれど、喫煙の危険性を考慮する事が大切です。


タバコの他に、大気汚染も肺がんの原因の一つと考えられています。また、職業上、気道に刺激を与える薬剤などを扱っている人も、肺がんに罹患する率が高くなるといわれています。


肺がんの早期発見のために、40歳を過ぎたら少なくとも年に1回、できれば2回ほど定期検診を受けるようにしましょう。

健康チェック
HIV アレルギー がん 生活習慣病まで 自宅で手軽に気になる症状をチェック 簡単検査

スポンサードリンク

         

肺がん

関連エントリー


スポンサードリンク
RSS登録
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • はてなRSSに追加