がんの種類と治療法

lime.jpg
がんの種類と治療法について説明。がんについて詳しく説明しています。がんにならないためには、事前にがんの種類や、治療法などを知っていることも大切です。

スポンサードリンク

がんの種類と治療法 記事項目一覧


がんの種類と治療法最新の記事

卵巣がんの種類と特徴 症状診断と再発治療

卵巣がんの種類と特徴

卵巣がんは、自覚症状が現われにくいがんとして知られており、異常に気づいて病院に行ったときにはすでに転移が広がっていたということが少なくないといいます。


卵巣がんで最も多いのは、卵巣表皮にできる上皮性卵巣がんで、卵巣がんのおよそ9割を占めています。


次に多いのが、

皮膚がんの種類と症状や症例 皮膚がんの原因と予防

皮膚がんの種類と特徴


皮膚がんは、大きく分けて“表皮がん”と“悪性黒色腫(メラノーマ)”の2種類があります。


表皮がんは、がんのできる位置によって“基底細胞がん”と“有棘細胞がん”に分けられますが、いずれも高齢者に多く、進行が比較的ゆっくりで、転移もしにくいことが特徴です。

肺がんの症状と治療 肺がんの初期症状

肺がんの初期症状

肺がんには、初期の段階で症状が出やすい、肺門型と、
初期にはほとんど自覚症状が見られない肺野型というのがあります。


肺門型の肺がんは、扁平上皮がんや小細胞がんに多くみられ早期から咳、痰、血痰などの症状が出現しやすい。


一方、腺がんに多い肺野型の肺がんは、

大腸がんの症状と治療 早めの検査、検診を!

大腸がんの症状


大腸がんは、近年日本人に急激に増加しつつあるがんです。決して予後の悪いがんではありませんが、大腸がんは検査がやや複雑で、早期発見が難しいとされています。


大腸がんは初期にはほとんど無症状ですが、がんが進行するにつれて下痢と便秘を交互に繰り返すようになったり、排便時に出血したりするよう

前立腺がんの症状と治療法

前立腺がんの特徴


前立腺がんは、50歳以降の男性に多いがんです。前立腺がんは、進行してくると、頻尿、尿が出にくくなる、尿の勢いが弱まる、血尿が出るといった症状が現われてくるようになります。これらの症状は前立腺肥大症とよく似ています。


前立腺がんの特徴は、骨に転移しやすいということ。前立腺がんが背骨や


スポンサードリンク
RSS登録
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • はてなRSSに追加