Top >  鼻 病気 >  鼻の病気の種類や鼻炎の症状

鼻の病気の種類や鼻炎の症状

初期症状が気になる方へ

症状に対して、少しでも不安があるのなら、1日も早く検査をすることをおすすめします。 何事も早期発見が大切です。また今では郵送検査キットを利用することで、自宅でもお手軽に様々な症状を検査する事ができます。

関心度の高い低価格の検査キット

鼻の病気


鼻の病気にはどんなものがあるでしょか。鼻の病気の主なものは次の通りです。


蓄膿(ちくのう)とよばれる慢性副鼻腔炎

アレルギー性鼻炎

鼻中隔弯曲症

嗅覚障害

萎縮性鼻炎

歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん)

副鼻腔嚢胞

良性腫瘍

悪性腫瘍


といったものがあげられます。


比較的多くの人がかかる鼻の病気は、アレルギー性の鼻炎。アレルギー性鼻炎は、アレルギーによる鼻炎で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがその症状としてあります。軽いものから重く何ヶ月の何年も、年中鼻水が絶えないというケースもあります。


アレルギー性鼻炎の中でも、花粉によって引き起こされる花粉症も、かかる人が多い鼻の病気です。目や喉のかゆみまでおこることも多く、かなりの不快感があります。2~3月頃のスギ花粉症以外に、ヒノキ花粉症(春)、イネ科の雑草(カモガヤなど:初夏~夏)、キク科の雑草(ブタクサなど:秋)などもあり、春先の病気とはいえなくなってきています。

鼻の病気2


鼻の病気について、主な病名と症状を見てみましょう。


【急性副鼻腔炎】

黄色い鼻汁が出て、眼の下や額などに痛みを伴う鼻の病気。頭痛の精査でわかることもあり。歯が痛く感じることもある。逆に歯が悪いために副鼻腔炎になることもある。


【慢性副鼻腔炎】

慢性的に鼻汁、鼻づまり、喉に鼻汁が下がるなどの症状がある。小さい時の副鼻腔炎は成長するにつれて大概は治まることが多い。集中力が続かない、全身に倦怠感などが出るなど日常生活にもデメリットが多いので、早めに完治したい。


【鼻茸(はなたけ)】

鼻ポリープともいわれる鼻の病気。大腸ポリープは腫瘍だが、鼻ポリープは炎症が長引いて粘膜がブヨブヨになったもの。ただし、腫瘍と区別がつきにくい時もあるので疑わしいときは検査が必要。


【鼻中隔彎曲症】

右と左の鼻の穴を隔てているしきりは、多かれ少なかれ左右どちらかに曲がっているのだが、その曲がりが強い人は鼻づまりの原因になる。ひどい時は手術が必要。


【上顎がん】

鼻領域を代表する悪性腫瘍。最初、歯の痛みとして発症することもあるので、歯の治療をしても痛みが改善しない時は疑った方がいい。


【上咽頭がん】

鼻の奥、鼻と喉のつなぎ目にできる癌。とても見つけにくい場所にある。大人の滲出性中耳炎の人はこの病気に注意。鼻づまり、鼻出血の時にも注意が必要。

健康チェック
HIV アレルギー がん 生活習慣病まで 自宅で手軽に気になる症状をチェック 簡単検査

スポンサードリンク

         

鼻 病気

関連エントリー