Top >  心的外傷後ストレス障害(PTSD) >  心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療

初期症状が気になる方へ

症状に対して、少しでも不安があるのなら、1日も早く検査をすることをおすすめします。 何事も早期発見が大切です。また今では郵送検査キットを利用することで、自宅でもお手軽に様々な症状を検査する事ができます。

関心度の高い低価格の検査キット

心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは


 心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、人間なら誰でもかかり得るものです。


 心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは、衝撃的な出来事によって心に生じた傷(心的外傷・トラウマ)が元になり、その後にさまざまなストレス障害を引き起こす疾患のことを指します。


 心的外傷後ストレス障害(PTSD)の原因としては、トラウマになるような出来事――地震や洪水、火事のような自然災害や、戦争・監禁・虐待・強姦といった人災などが挙げられます。


 心的外傷後ストレス障害(PTSD)には、急性のものと慢性のものがあります。心的外傷後ストレス障害(PTSD)の主な症状としては、恐怖感や無力感をはじめ、心的外傷による悪夢やフラッシュバック、心的外傷のきっかけとなった物事を連想させるもの・人に対する麻痺や回避などが挙げられます。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療


 心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、衝撃的な出来事によって生じた心的外傷の後遺症ということができます。


 心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、放置しておくと、日常生活・社会生活にも支障をきたしますし、何よりも本人にとって大変苦痛なものです。よって、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の自覚症状がある場合は、早めに医師(精神科・心療内科)にかかることをオススメします……といっても、本人が自分で医師にかかることができないことも多いので、心的外傷後ストレス障害(PTSD)には、周囲の理解が必要になります。


 心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療には、通常は薬物療法と精神療法の双方が用いられます。特に心的外傷となる出来事に対する情緒的な障害の解決のためには「トークセラピー」が最も有効だと考えられています。

健康チェック
HIV アレルギー がん 生活習慣病まで 自宅で手軽に気になる症状をチェック 簡単検査

スポンサードリンク

         

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

関連エントリー