Top >  ボトックス >  ボトックスの注射効果と副作用 小顔対策や多汗症

ボトックスの注射効果と副作用 小顔対策や多汗症

スポンサードリンク

ボトックスとは


ボトックスとは、しわ改善効果のある薬のことです。日本では美容外科で、メスを使わないプチ整形として取り入れられています。ボトックスは注射によるものと、塗布によるものがあります。


ボトックスはもともと、ボツリヌス菌A毒素を製剤化したものです。ボツリヌス菌と聞くと、「果たして大丈夫なんだろうか」と考えてしまいがちですが、使うのはほんの微量であり、注射自体も筋肉注射のみで血液中に入ることはないので、安心とのこと。


ボトックスの効果は数ヶ月ぐらいで、その後はまたもとに戻ります。そのため、ボトックス注入は年2~6回必要となります。また、効果がなくなったら、以前のしわよりもさらにひどくなったということも中にはあるようです。


ボトックスを注射で注入する場合、痛みは人によって異なります。医者の技術や本人の体にもよるでしょう。ボトックスを受ける場合は、カウンセリングをしっかりと受けて、納得してから受けてください。

ボトックスと美容


美容において特に顔は、いつまでも若く美しくありたいと願う女性は多いですね。しかし年齢とともに、顔のシワはどうしても出てきます。これを改善するものとして、ボトックスがあります。


ボトックスは特に額・目尻、眉間といった部位のシワに対して美容効果があります。ボトックスの筋弛緩作用を応用して美容外科で使われています。


ボトックスはもともとは斜視に適用されたことから始まった医薬品製剤です。日本でも眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸といった治療に適用されています。


ボトックス注入はメスは使いません。細い注射針を使って筋肉にボトックスを適切量注入します。筋肉注射なので人によっては多少の痛みはあるようです。施術の時、希望すれば麻酔は受けられます。

スポンサードリンク

         

ボトックス

関連エントリー


スポンサードリンク
RSS登録
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • はてなRSSに追加